HOME加工用途|加工素材|加工料金ギャラリーご注文方法メールフォーム
 

  加工材料の在庫について。
  白、透明の一般的なアクリル板の在庫は御座いますが、アクリル以外の在庫は置いておりません。
  素材により、お取り寄せが可能なものも御座いますので、予めお問合せ下さい。
  お客様でご用意頂ければ、大変助かります。
  ◆レーザー加工したアクリルは。
  ◎カットした材料は、その素材の性質、またはビーム径により、0.1〜0.2mm程度小さく仕上がります。
  ◎アクリルに熱を加えると収縮します。その為、片面に彫刻した場合など、薄い板ほど加工面側に反ります。
   また、細い枠や棒状にカットすると、熱収縮により寸法に狂いが生じます。
   
   ※必要に応じ、加工データ上で調整します。
  ◆アクリル板の種類
  レーザー加工に適した素材の一つ、アクリル板には主にキャスト板と押出板の二種類があります。
  押出板は加熱成型しやすい反面、キャスト板に比べ硬度・耐熱温度・耐衝撃性など若干劣ります。 
  また、押出板をレーザー加工すると、切断・彫刻面に細かいクラックが発生する場合が有りますので、
  透明のままお使いになる場合はお勧め出来ません。
  特にご指示が無い限り、レーザー加工にはキャスト板を使用致します。
加工素材
下記以外の素材、樹脂フィルム、発泡樹脂、ゴムシート、布、
タイル・自然石など、彫刻やカット、マーキング加工が可能なものが
数多く御座います。 お気軽にお問い合わせ下さい。
アクリル 彫刻/カット(10mm厚まで)
 建築模型パーツやネームプレート、切文字など、レーザー加工に最も利用
 される素材です。
スチロール樹脂 彫刻のみ
 透明性を生かしてケースなどに多く使われていますが、非常に熱に弱く、
 基本的には線彫刻のみとなります。
 アクリル以外の樹脂材は一般に切り口が溶け、正確にカットできないため
 レーザーによるカットには向きません。
木 MDF 彫刻/カット(種類によりますが、4mm厚まで)
 かなり細かい彫刻が可能です。木の種類によっては殆ど焦げ目が付かない
 物も有りますが、彫刻が目的ですので、どれも烙印の様な真っ黒の彫刻は
 望めません。
金属 彫刻(マーキング)のみ
 金属に直接彫刻は出来ませんが、カラーコートされた表面の塗装を焼き取る
 方法と、特殊溶剤を塗った上からレーザーを当て酸化黒変させるするマーキ
 ング方法が有ります。 〈写真は、ステンレス工具にマーキング。〉
 彫刻/カット
 カットはもちろん、ハガキなどにも彫刻出来ます。
 アクリルでは熱で変形してしまう手摺などの細い模型パーツも、紙で代用
 する事が出来ます。
 ペーパークラフト、ステンシルや個性的な名刺作りに。
マーキングシート(カッティングシート) カットのみ
 通常、カッティングプロッターを使ってカットしますが、模型などに使う数ミリ
 程度の小さなものは、レーザープロッターを使ってカットします。
ABS 彫刻のみ
 携帯電話をはじめ、家電製品などに多く使われている素材です。
 熱に弱く彫刻のみの加工ですが、板材は模型に使う石やレンガなどの
 パターンシートとして模様を彫ると良い雰囲気が出ます。
ガラス・タイル 彫刻のみ
 ガラスの性質により、全てのガラスへきれいな彫刻が出来ない場合も
 有ります。
 彫刻/カット
 レザークラフトの模様付けに、打刻、モデリング、カービングなどの手
 法がありますが、レーザー彫刻も一つの方法として加えてみて下さいさい。


Copyright(c) 2002 CRAFT AN All rights reserved.